別所沼の再生を願って(その2) 市民の力で水環境の再生を!

 このブログでも昨年5月に紹介したさいたま市の別所沼が、ついに水質浄化に動き始めたことを最近地元の方からご連絡をいただいた。
 昨年のブログでは「今なら遅くはないが放置すると最悪の事態になる」と警告したが、行政の動く気配が感じられず、ややきつい言葉で行政に対する意見を述べた。
 その後の経過はあまりお聞きしていないが、昨年5月に地元の方々の勉強会でお話しさせていただいた後に、市民の皆さんの動きが盛り上がっていたようだ。
 先日いただいたメールには「別所沼を守る会ニュース第7号」(2013/10/1)が添付されており、そこにはさいたま市の都市公園課長が「別所沼のかいぼりを行う」と発言したことが書かれていた。
 昨年5月から1年足らずの間に行政が妥当な方針に転換されたことを歓迎するとともに、「別所沼を守る会」を中心とした市民の皆さんのご努力に敬意を表したいと思う。
 だたし、今年の「かいぼり」には注意点がいくつかあるので、その点について述べておきたい。
1.「かいぼり」はもともと地域住民が参加できる水質改善手法の一つであるが、別所沼は長期にわたり底質が堆積しており、実態がほとんどわかっていないので、今回は市民が直接池内に入るのは危険を伴いやすい。したがって、池の外でできる仕事をしていただきたい。例えば、魚類や水生生物の水槽への移動や外来魚を区分して移動させるなどの仕事は、委託された業者さんとともにできるはずである。観察記録を自分たちで作ることもできるだろう。
2.行政には来年度以降のかいぼり事業を市民参加でできるように、可能な限りシルト分や浮泥(ヘドロ)部分を除去し、干し上げ後に固結した池底面となるようにしていただきたい。ただし、予算の限界もあるのでどこまで除去できるかはわからないが、一定期間の干し上げが翌年夏の状況に大きく影響することだけは確認できるだろう。
3.市民の皆さんにとっても今年ははじめての経験だから、今後のために何が必要なのかを学ぶつもりで、楽しくかいぼりに参加しながら見守っていただきたい。
 別所沼は小さな池だが、それでも自然界の水の世界がそこには広がっているはず。市民の大切な水環境を今後も守り続けていただくために、そして何よりも、まず池の本当の姿を取りもどすために、どのようにすればよいか行政と市民が協働で考えてていただければありがたいと思う。

関連する記事
この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

最近の記事から

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

書いた記事数:48
最後に更新した日:2015/02/09

このブログ内を検索

その他

携帯

qrcode

このブログは

無料ブログ作成サービス JUGEM
を利用して作られています。