原料が検出限界値以下でも、汚泥からなぜ大量のセシウムが?

 

昨年、福島第一原発が爆発した際、広範囲に飛散・沈着した放射性物質が降雨によって河川や海に流出していることがわかっている。

昨年の4月には首都圏の上下水道の汚泥からも高濃度のセシウムが検出され、飲み水の汚染も危惧される状況がしばらく続いた。この現象は福島県や関東・首都圏だけでなく遠く離れた新潟市内の浄水場の汚泥からもセシウムが検出されたことで、放射性物質の汚染が広範囲におよんでいることを示した。

福島県内では土壌や用水に問題がないと思われていた水田で、収穫した米から国の基準値を超えるセシウムが検出され問題になっている。

このような問題を考える際に、一番気をつけていただきたいのは汚染物質の「濃度と総量」である。

私たちは環境汚染を考えるとき、一般に濃度を基準にしてその汚染の強弱を測っている。以前のブログで紹介したホルムアルデヒドも、水道水質基準では「10.08唹焚次廚版仕戮納┐気譴討い襦

日本の環境基準だけでなく、国際的なさまざまな汚染物質の基準も濃度で示されており、このことによって私たちは異なった地域でも同一物質の汚染状況を客観的に評価ができるようになっている。

しかし、環境汚染を評価する際に濃度だけに頼っていると、とんでもない事態を見逃してしまうことがある。たとえば、ある有害物質が動植物の体内に蓄積する可能性があるとすれば、たとえ毎日摂取される濃度が低濃度であっても、動植物が毎日どの程度の量を蓄積していくのか、という「量」が問題になってくるのである。

さて、原発事故で環境中に放出された膨大な量の放射性セシウムも、同じように濃度と量の問題が起こっていたのである。河川水11函謀たりでは「検出限界値以下」で処理されているのに、その河川水を水道水として処理をしてみると、残された汚泥からは1堙たり数万ベクレルのセシウムが検出された事例が頻発しているのはなぜか? このカラクリは以下のようなものである。

河川水中の放射性セシウムの濃度が10.1ベクレルであったとすると、通常の計測ではセシウムは検出もされず「検出限界値以下」で処理されてしまうが、この河川水を原水として日量2万トンの水道水を供給していたとすれば、その2万トンには総量で200万ベクレルの放射性セシウムが含まれていたことになる。この河川水からセシウムをすべて除去して水道水を供給したとすると、そのセシウムは浄水汚泥に移行していることになり、あとは浄水汚泥中の総量200万ベクレルがどれだけ濃縮されるかで、1堙たりのセシウム量が変化するということになるのである。

昨年4月以降に上下水道の処理施設の汚泥から大量の放射性セシウムが検出され、国の処分基準である1堙たり8000ベクレルを超えてしまったのは、処理過程での濃縮が主な原因だったのである。

ということは、一日当たりの処理水量と発生汚泥量、汚泥中の含水率とセシウム濃度がわかれば、逆算することで原水中のセシウム濃度も算出することができるということになる。

「水道原水は検出限界値以下なのにセシウムはやっぱり入っていたのか」と思われるかも知れないが、むしろ日本の水道技術とそこに関わる職員の努力で、処理後の浄水はWHO飲料水水質ガイドライン(わが国飲料水新基準もこれにならっている)をはるかに下回る放射線量となっていることを知っておいていただきたいと思う。

ただ、原発事故から一年以上経過しても、関係機関は汚泥中の放射線量データの計測と公表は継続するべきである。それは、自然界における放射性物質の挙動をモニタリングする役割を果たしているし、たとえ微量でも地域の人々に摂取されるセシウム量を知ることができるようにしておく必要があると考えるからである。

(本文は同趣旨の内容を「食べもの文化」に投稿したことをお断りしておく)


この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

最近の記事から

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

書いた記事数:48
最後に更新した日:2015/02/09

このブログ内を検索

その他

携帯

qrcode

このブログは

無料ブログ作成サービス JUGEM
を利用して作られています。