いまどき、クリプトですか?

 

クリプトスポリジウムとは、主に牛、豚、犬猫などの哺乳類の腸に寄生する大きさ46マイクロメートルの原虫のこと。19966月に埼玉県越生町の水道水でこのクリプトスポリジウムを原因とする集団食中毒が発生して、世間に知られることになった。(以下「クリプト」と表記)クリプトによる水道水汚染事故はわが国ではこれがはじめてであったと記録されている。

この汚染事故の後の10月には、当時の厚生省が暫定対策指針を作成して、濁度管理を徹底すれば汚染を防止できることなど、応急処置も含めて全国の水道事業者に周知している。

この後、暫定指針が見直しされ、2007年には「水道におけるクリプトスポリジウム等対策指針」として詳細に対応策が記述されている。

クリプトの原因についても家畜だけでなく野生のシカやサルなど哺乳動物が原因となることも早くから指摘されており、指針には指標菌による「汚染のおそれの判断」についても記述している。

ところで、817日の信濃毎日新聞によると、このクリプトスポリジウムが「昨年度以降、少なくとも県内6カ所の水道施設の原水で検出されたことが16日、県環境部のまとめで分かった」というのである。

いまどきクリプトですか? と驚いてばかりいられないのは、その記事で県水大気環境課がクリプトの検出原因について「(野生鳥獣が原因となっている)可能性はあるが、データや根拠がないため、はっきりとは分からない」と語ったという点である。

えっ? それが問題ですか? と私は思う。

記事を読む限りでは、県は昨年度の水道事業者のデータを見ていて今年の8月になってやっと実態を把握したと言うことであり、私はこの方が大きな問題だと思う。

原因は水源近隣の野生動物が原因であろうことを水道事業者が一番よく分かっており、、問題は検出した時点でなぜすぐに住民に公表し、対策をとっていることを知らせなかったのかと言うことである。「対策指針」に則って速やかに処理をすることも可能だったのではないだろうか。

いや、そんなことは分かっていて黙って処理をしていたと言うことなのか?

ことは地域住民の健康に関わる重大問題であり、このような情報を長期に隠したままにしていると、水道事業や水道水そのものに対する信頼を大きく損なうことを、事業者は肝に銘じていただきたいと思う。

クリプトが検出された原因をさぐるより、情報公開への対応が遅れた要因を追求する方が先ではないのか!

県は「いまどきクリプトですか」と言われるのがイヤで、ことさら問題の本質を避けているように見えてならない。

はっきり申しあげて、クリプト対策は10年前の話だ。県は小規模水道事業者に対する指導と援助をもっと真剣にやっていただきたい。

(揚げ足をとるようだが「野生鳥獣」の鳥類はクリプトの原因にはならないはず)


でたらめな商品情報は犯罪として厳しい措置を

 最近、私の家族に送られてきた通販カタログを見て驚いた。その商品は「業務用油処理剤」としてあたかも業務用にはすでに使用されているかのような印象を与えながら、次のような宣伝文句を並べている。
「廃油が石鹸水に変身 パイプまで洗浄」
「料理で使った油を石鹸水に変えてそのまま流すだけで配水管の洗浄もできる油処理剤。油をゴミとして捨てるのではなく、シンクや配水管を洗浄する石鹸にリサイクルできます」
「冷めた天ぷら油1lリットルに対し、本品を約30ミリリットル入れます。泡立て器で15秒ほどかき混ぜます。よくかき混ぜながら、水を入れると石鹸水ができます。そのまま流せばパイプの洗浄ができる優れもの」
「廃油や油汚れを強力に分解します」
一度でも「石鹸づくり」をやった方なら、上記の宣伝がおかしいことをすぐに見抜くだろう。
石鹸は食用油からもできるが、その際には強アルカリ剤を用いて「けん化」という化学反応を経てできるのものであり、それも通常使える石けんになるには1ヶ月ほど熟成させるのが普通である。
まずこの商品を油に混ぜてできあがるのは「石鹸」ではないことは間違いない。
ではこの商品の正体は何か? この広告の中に小さな字で「主成分=脂肪酸アルキルロールアミド(国産品)」と書かれているが、この物質はもともと合成洗剤に使用されている界面活性剤である。
つまり、油の中に合成洗剤を流し込み、乳化作用によって油が分解したかのような見かけを作り、泡立て器でかき回して泡を立てて水といっしょに下水へ流し込む、という筋書きである。
もちろんこれがパイプを洗浄するわけはなく、高濃度の汚濁水を下水や公共用水域に排出する悪質な商品である。
あたかも油を分解するような宣伝文句を並べているが、でたらめな商品情報で消費者をあざむく悪徳商法であり、エコ商品どころか水環境への影響の大きい悪質商品である。
私はこの商品情報を国民生活センターの表示担当に画像とともにお送りして、厳しい処置をして下さるよう連絡を取ったが、消費者のみなさんにはもっと早く周知する必要があると考え、このブログ上で公開することにした。
このような悪質な商品が市場に出まわることの無いよう、売りさばいた商品を回収する責任を負わせるだけでなく、犯罪として厳しく取り締まるべきである。
なお、同様の商品に関するテストを行った結果を東京都が発表しているので、下記ホームページもご参照いただきたい。
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/oshi/infn0153.htm

水源林を見直そう

 全国的に記録的な猛暑が続いている。私の自宅の裏の畑もカラカラで野菜の生育も大きな影響を受けている。
ところが、このような天気が続くと例年ならば「水不足」で大騒ぎになるのに、今年はどこでもニュースになるほどまでにはなっていない。
異常気象には変わりないのだが、山沿いの地域には頻繁に雷雨が繰り返されていることが、とりあえず水不足を回避させてくれているようだ。
まさに「森林の恵み
というべきだろう。
日本で一番大きな湖沼である琵琶湖への流入水は河川からばかりでなく、周囲を囲む森林からの地下水流入が流入水量全体の1/4以上となっていることは意外に知られていない。
森林が水資源の確保にとって重要な位置を占めていることを、この猛暑の中でわれわれはもう一度認識を新たにしたい。
先日、朝日新聞で「アジアの水危機」とした特集記事が掲載されていた。特に中国の経済発展に伴い中国からインドあるいはインドシナ半島といった南部に流下する国際河川の上流域にダム建設が進み、下流側が危機感を強めているというものであった。
中国の経済発展は中国の国内問題だが、それに伴い水使用量が飛躍的に増加することは誰が考えても当然であり、アジアの関係国がこの問題を共同して解決することは今後のアジアの平和と安全にとって重要なことだ。
特に日本は「水の技術」だけでなく水源林の重要性を身をもって体験している国である。中国の広大な砂漠を森林に変えるぐらいの壮大な計画を持ち込んで実践するほうが、中国とアジアにとって有意義ではないのだろうか。もともと100年単位で歴史を考える民族に、数年先の経済発展のための対策を提案することはナンセンスの極みだ。
「南水北調
などという大規模な流域変更を考えるのも中国らしいが、どうせ数十年かけて莫大な費用を投下するなら、わが国はあえて大規模水源林の造成を提案してあげるべきではないか。隣国の友人として。

1

カレンダー

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

最近の記事から

カテゴリー

アーカイブ

リンク

プロフィール

書いた記事数:48
最後に更新した日:2015/02/09

このブログ内を検索

その他

携帯

qrcode

このブログは

無料ブログ作成サービス JUGEM
を利用して作られています。